December 17, 2004

日本vsドイツ。

ボールを奪われないために、というより、フィニッシュへ持っていくためにどこへボールをトラップして置けばいいかということを含めた球際での強さ、寄せの速さ、縦への意志の強さ。
戦術云々より、個々の基本的な部分においてクリンスマン・ドイツは圧倒していました。特にトラップの的確さには呆気にとられました。これが世界との差だというより、日本とドイツがそれぞれ別のスポーツをしているようにしか見えなかった。一サッカーファンとしてはドイツがここまで真剣にサッカーをしてきたことをとても嬉しく感じるのですけど、一方、2年後のことを思うと絶望的な気分にもなります。
個々においてここまで圧倒されてしまっているとは。昨夜のゲームに限っていえば、一瞬のスピードと緩急をつけたドリブルにおいてただひとり玉田だけが互角に渡り合っていましたが、後の惨状たるや目を覆うばかり。特に三都主、相手を抜くためのアイデアがなさすぎ。サイド展開の要がこれでは、いったいどいこからチャンスにつなげればいいのか。
今に始まったことではないけどさ。

でもまあ、アラを探せばキリがない(本当にキリがない)ので、今日本はこの程度だということがわかっただけでも戦果というものでしょうか。それにしてもわかったことはあまりに大きく、気が遠くなりそうだけど。

ドイツが本当に楽しそうにサッカーしていたのは意外の感。監督が二転三転してきて、暗澹たる雰囲気のあった代表で、もう自国人で監督を引き受けたいと思うサッカー人なんていないだろうなと思い始めた頃に現れたクリンスマン。底抜けに楽天的で、ポジティヴ思考の人なんだろうな。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kiku999/10893468
この記事へのトラックバック
日本 0-3 ドイツ(テレビ朝日にて観戦。後半のみ) 帰りが遅くなってしまったの
【中空庭園】at December 18, 2004 23:33
この記事へのコメント
TBありがとうございました。

>日本とドイツがそれぞれ別のスポーツをしているようにしか見えなかった

これ凄い的確な表現ですね。とにかく積極性、創造性に欠けた日本代表を見るのは悲しいかぎりです。
Posted by takazoooo at December 17, 2004 19:23