December 28, 2004

映画回顧、2005。

年に15本程度しか観ることもなくなったのですが、それでも敢えてベスト5(笑)
旧作のDVD鑑賞も含めれば相当数になると思うのですけど、DVDのものでは次点としてアラン・パーカーの『ライフ・オブ・デビット・ゲイル』が入るくらいか。これは哲学者が書いたという脚本と、ローラ・リニーが素晴らしかったですね。『ミスティック・リバー』での彼女には気負いのようなものを感じで暑苦しかったのですが、どこか達観した佇まいを表現すると、もう絶品。

で、ベスト5。

 1.『父帰る』アンドレイ・ズビャギンツェフ 。
  言葉(会話)が欠落しているということからくる圧倒的な存在感。
  父性とは幻想の中にはないことを再確認させられる。
  映画の可能性。

 2.『モーターサイクル・ダイアリーズ』ウォルター・サレス 。
  マチュピチュを筆頭に、南米の自然の雄弁さ、サレスの色彩感覚。
  一切の偏見を持たない人から得られるカタルシス。

 3.『エレファント』ガス・ヴァン・サント。
  酔うほどに流麗なカメラワーク。
  『月光』から『エリーゼのために』への流れ。
  説明的な表現を排除して何が表現できるかという部分においての、ガスの自信
  たるや、もう。

 4.『ロスト・イン・トランスレーション
  フェロモン女優スカーレット・ヨハンソンと相変わらずとぼけた味わいの、ど  こか真摯さがにじむビル・マーレイという、キャスティングの妙。
  心許ない状況での、人肌の恋しさ。
  ロキシー・ミュージック。

 5.『21g』アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ。
  皮膚呼吸もままならくなりそうな、俳優たちの息づかい。
  今後これ以上、どう凄惨な物語を描いていこうとしているのか、イニャリ    トゥ。


あと、フィッリプ・ロス原作の『白いカラス』も印象に残っているのですが、私にはニコール・キッドマンはダメだ、やっぱり(笑)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kiku999/11418985
この記事へのトラックバック
少し早いけど、「今年のベストはこれしかない!!」っていうのが既にあるので、発表しちゃいます! 「父、帰る」 ロシア映画なので作風もあまり馴染みがないし、ストーリーも謎は謎のまま残るのですが、父と息子2人の感情描写に無理がなくて心に迫るものがありました。 きっ
2004年度Best Movie【えいがにっき】at December 28, 2004 01:40
2004年は年間106本(洋画75本、邦画31本)の映画を劇場で鑑賞しました。 昨日の邦画に比べ洋画はやや本数の割にはイマイチだったよう気きがします。 世間は“韓流ブーム”でしたが、僕的にも、洋画については韓国映画の素朴で琴線に触れる作品が感動を呼んだ一年だったよう
2004年ベストシネマ15(洋画編)【京の昼寝〜♪】at January 07, 2005 09:01
2004年は年間106本(洋画74本、邦画32本)の映画を劇場で鑑賞しました。 昨年は僕の映画鑑賞歴の中でも邦画が非常に検討した年だったと思います。 例年のベストシネマは洋画・邦画を区別せずランキングしていましたが、2004年だけは敢えて分けてみました。 ま、個人的なラ
2004年ベストシネマ15(邦画編)【京の昼寝〜♪】at January 07, 2005 09:01
この記事へのコメント
こんにちは。TBをありがとうございます!
kikuさんのベスト5+α(?)全部観てますが、「エレファント」良かったですよね!(あれを「良い」と表現していいものか表現に迷いますが)
こちらからもTBさせていただきました。
またのぞきに来てください!
Posted by bright_moon at December 28, 2004 01:50
あーーーー。悔しい。BEST3、どれも観たくて観たくて観たがってて
観れてないやつです。「ロスト」も「21g」も、わたし的によかっただけに
上位3作品が非常に気になります。
Posted by manamizw at December 29, 2004 19:50
どうやらほんとに悔しかったようで、恵比寿行ったついでに
「モーターサイクル・ダイアリーズ」見て来ちゃいました!
後日感想書く予定です。そしたらTBさしてくださいね☆
ていうかkikuさまのこのエントリを見なかったら、
背中押されないまま公開を逃していた気がします。ありがとう!
Posted by manamizw at December 31, 2004 00:40