March 13, 2005

村上龍新作。

某図書館からの情報で3月24日に幻冬舎から村上龍の書き下ろし小説『半島を出よ。そして島へ渡れ』が刊行されることになっていたようですが、3月7日のJMMで「あと1日で『半島を出よ』がすべて著者の手を離れる」と述懐しています。
どうやらタイトルが変わったようですね。おまけにこのタイミングだったら今月発行なんて無理でしょう。4月のうちに出ればファンとしては良しとしましょう。

hantou.jpg最初このタイトルを知ったときは『ヒュウガ・ウイルス』の続編かなと思ったのですが、最近の講演会に行った人の某サイトへの書き込みでは、北朝鮮コマンド対日本革命児の対決、とからしいですので、当たらずとも遠からず、か。
長編ファンには待ちきれない上下2巻です。
楽しみです。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kiku999/16261260
この記事へのトラックバック
半島を出よ (上) 村上龍の最新作半島を出よ (上)(下)がついに25日発売だそうです。 北朝鮮のコマンド9人が開幕戦の福岡ドームを武力占拠し、2時間後、複葉輸送機で484人の特殊部隊が来襲、市中心部を制圧した。彼らは北朝鮮の「反乱軍」を名乗った。〈財政破綻し、
村上龍の最新作『半島を出よ』について。皇帝も読みたい。【カツユキ帝国(ブログ朝)】at March 22, 2005 21:52
 村上龍の小説「半島を出よ」の表紙で、福岡市早良区・中央区の衛星画像上に何匹も覆いかぶさっているのが、毒性を持つヤドクガエル。小説内でも、大量の虫を飼育する少年・シノハラが特に慈しんでいる生物として登場する。この毒カエル、なぜか中南米の生息地を離れると....
村上龍「半島を出よ」とヤドクガエルの謎(京大グループが解明)【鯖田鮫蔵的批評 (&フランスメディア抄訳)】at October 30, 2005 10:29