June 18, 2005

ジャズ喫茶。

学生時代に通い詰めていた西宮のジャズ喫茶で時々ライブをやっていて、ベースを弾いていたのは概ねどのライブでも北川潔だった。あの頃はここまでメジャーなベース弾きになるとは思ってもいなかった。今ではブルックリンに住み、ケニー・バロンあたりとセッションしたり小曽根真ともトリオを組んだことのある中堅プレイヤー。チャーリー・ミンガスによく似た風貌だ。明日までヴィレッジ・ヴァンガードに出ているらしい。

イマドキ大阪にジャズ喫茶なんてあるのだろうか。ジャズバーだったら何軒か知っているけど、コーヒー一杯だけで1時間あまり粘る客ばかりじゃとてもモトが取れないのかもしれない。オーナー個人で収集した(あるいは店の経費で購入しているのかわからないけど)レコードを良いアンプとスピーカーで鳴らして聴かせる形態はもうアナクロもええとこなのかもしれない。
ヘタしたら著作権法違反に問われるだろうし、機材を揃えるだけでも相当な出費だろうから、有線をテキトーにBOSEの小さなスピーカーで鳴らほうがずっと無難だろう。あとはこれだけiPodを始めとするデジタルオーディオがフツーになっているのだからそれで聴いている客も多い。わざわざ洞窟のような雰囲気の喫茶店に音楽を聴くために入る必然性がないのだ(そりゃ何かの必然性のために好きな音楽聴くわけでもないけどさ)。
iTunes Music Store がこの国でも解禁になったらその辺はもっと変わっていくのだろうな。

カウント・ベイシーがよくかかった西宮のジャズ喫茶ではJBLのパラゴンを鳴らしていて、その音の厚みと暖かみにどっぷり浸かっていた。いまでもその喫茶店は健在で、月2のペースでライブをやっているらしい。この夏あたり、仕事が楽になったらまた行ってみようと思う。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kiku999/25643659
この記事へのトラックバック
Jazz/Fusion-Drum : ★★★★☆   Saomaye   静かなドラミングの妙技   クラレンス・ペン2002年の作品。   クラレンス・ペンは、小曽根真トリオのドラマーとしてのみならず、ブレッカー兄弟やリシャール・ガリアーノ、ジョシュア・レドマン
Saomaye (Clarence Penn)【【ponty's music lounge】】at June 27, 2005 16:49