July 31, 2005

琉球アングラ、新生北朝鮮、マッサージ。

徹夜仕事明けで帰宅したのは朝8時過ぎ。世界水泳を観ながらビア飲みつつ軽く朝ごはん。ソファで眠り、お昼時に起きてぼーっとしながら軽くお昼ゴハン、猛烈な睡魔にたまらずベッドに直行。夕方4時前まで眠る。
本日最初のコーヒーを飲みながら今日もまた琉球アンダーグラウンドを聴く。三線がドライヴしていてここちよい。ラストナンバーの "snow in okinawa remix" での切なさと希望が交錯する清々しさを満喫して、プールに泳ぎに行く。

なにしろ毎日多忙を極めていてじっとしていてもいきなりこむら返りが起きる日々なので、ほぐす程度に軽く流すように泳ぐ。世界水泳やオリンピックのある夏はいきなりクラブの会員が増えて泳ぎづらくなるものだけど、案外のんびり泳げてよかった。でもやっぱり午前中に泳ぎたいものだ。そのあとでトレッドミルで30分、これも流すように走る。腹筋と背筋だけちょっと強めにいじめてストレッチを20分。
寝室にもエアコン欲しいなあと思うこの頃で、近所のヤマダ電機で物色してみる。そのついでにチェアマッサージ機に20分座る。骨が抜かれたような感じになる。それでも下肢にはまだ乳酸がこびりついたような感覚が残っていて気持ちが悪い。皮膚のすぐ下の筋肉がごわごわするような感じ。

帰宅すると東アジアサッカー選手権の前半が終わったところ。0-1で負けている。その1点、見事にシステマティックなコンビネーションで、敵ながら感嘆してしまった。
それほど相手に引かれているということもなかったけど、北朝鮮は全員守備が徹底されている。そのためか後半途中から脚を攣って倒れる選手が続出。攣ったからといって試合が中断されるのはどうかと思うのだけど、W杯最終予選からのメンバーのほとんどを入れ替えてこの試合に臨むチームの意気込みを感じる。ほんとうに、この試合にすべてを賭けている、といったような。パスカットにしてもほんとうに上手くなっている。というよりアレックス、カットされすぎなんだよ。足元にボールは収まらないし。
後半途中から田中達也と巻登場。達也はいわずもがな、巻の出場は嬉しい。ポストプレーができるFWが定着してくれれば攻撃のオプションも増える。スタミナはあるしね。
達也の惜しいシュートはあったけど封じられ、万事休す。大黒、スランプか。
試合が決まって北朝鮮チームの喜びようといったらなかった。ホームの状況での彼らを観るのは初めてなんだけど、いやあ、ほんとよかったなあ、と思ってしまいましたよ(笑)もともとフィジカルはあるだけに韓国以上に怖いチームになっていくかもしれないな。彼らに失うものは何もないし。

うるるん放浪記を観ながら BODY SHOP のマッサージオイルで下肢を念入りにマッサージする。腓腹筋の内側のある一点が猛烈に痛い。でも今日はチェアマッサージ機もしっかり活用したし、とりあえず来週1週間は持つかな。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kiku999/29366559