August 13, 2005

世界陸上雑感。

200mの末続と400mハードルの為末を比較するのはその競技の性質上無謀に過ぎるだろうけど、テレビで観ている限り為末の完全燃焼ぶりに末続は遠く及ばなかった。予選を勝ち上がったとき、両者に悲壮感やある種の覚悟なんて大層なものはなく、案外淡々としていたのが印象的だった。
ただ、為末のほうが何のわだかまりもなく晴れ晴れとしていた様子がうかがえたようだったのは気のせいだったのだろうか。逆に末続はちょっと苛立っているかな...という雰囲気も見えて、下手したら言い訳にしかならない定番の台詞、「楽しんで走ります」とコメントしていたのが負けを覚悟していた証拠だったのか。凡人には感得できない微妙な違和感があったのかもしれない。この準決勝敗退という結果は末続の実力通りではないはずだ。

棒高跳びという競技がここまでテレビでクローズアップされるのが不思議でならなかったのだけど、ウチの相方は「澤野のキャラが立っているからや」と言っていた。「キャラが立っている」という言葉の意味がわからなかったので「どういうこと? トウが立っているってこと?」と訊いたのだけど無視された。仕方がない。
澤野を見ていてその佇まいに、横浜Fマリノスの中澤がオーバーラップする。

当たり前だけど澤野の背筋は凄い。アテネ五輪開催以前に、あるスポーツ雑誌でその背中が写真で紹介されていたけれど、作られた背中ではなく、「そうなってしまった背中」だった。そういうのは、美しいと思う。
5m50で入賞という本人には納得のいかない結果だったろうけど、天候を含めて条件は皆同じなかでこの成績は賞賛されるべきだろう。大阪大会が楽しみだ。

男子棒高跳びの悪天候から一転して好天に恵まれた中でのイバンシエワ、競技前から勝負は決まっていましたね。他の競技者のことは一切意に介せず、フィールドに寝ころんだままずーっと自分のイメージの中に入っている様子。
駆け引きよりもっと大事なことを自分の中でどう制御し、どう操ればいいのか、その術を知る者の差、なのでしょうか。
勝者のメンタリティを持っているというアドバンテージは個人競技においてはこんなにあからさまになってしまうんだなと実感しました。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kiku999/30211934