October 16, 2005

受難から奇跡へ。

関西ではどのテレビ局でも生中継をしていないときに限って常日頃のうっぷんを晴らすかのように7ゴールを叩き込んでくれた浦和。闘莉王不在の中で完封というのも嬉しい。
とはいってもそれは数字上だけのことで、相手に2枚のレッドが出たことを思えばただ柏が自滅してくれただけだと考えられないでもない。そのレッドもかつては代表であった者だし。そんな荒れた試合の中、ラモスの退場はなかったようだけど。

なんてのんきな事を書いていられる状況じゃなくなってしまった。この時期に田中達也の戦線離脱は痛すぎる。腓骨骨折ということで、来季の開幕に間に合わな いかもしれないという森GMのコメントには溜息も出やしない。同じ箇所をやった稲本が4カ月かかっているから、そうなんだろう。浦和サポだけじゃなく、普 段からJリーグを観ている者のほとんどが、やりきれない思いに駆られているかもしれない。同じく故障で代表を長いこと離れた経験のある坪井は、何と言って 達也を励ましたのだろう...


開幕に間に合ったとして、再度代表入りにアピール出来る時間は絶望的になるくらい無さ過ぎる。それでも奇跡を信じていよう。

kiku's@typepad

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kiku999/50012102
この記事へのトラックバック
 昨日Jリーグ第27節は7試合が行われました。  首位を走るガンバは神戸と戦い、前半40分にアラウージョ選手のゴールで先制すると、後半はガンバのゴールラッシュで3点を追加。この試合意地を見せたい神戸は1点を返すのが精一杯でガンバが圧勝。この日2ゴールを挙
田中達也選手長期離脱【神様】at October 16, 2005 12:07