November 02, 2005

29節川崎戦。

29節、例によって浦和のゲームは生中継なし。日曜にC大阪vs鹿島を観る。互いにモチベーションとフィジカルコンディションのバランスが良く、ス コアレスドローに終わったけど好ゲームだった。審判のジャッジもフェアなようだったし。時期的にこういう中身の濃いゲームが多いだろうから、ビデオに撮っ た浦和の川崎戦も期待した。

ニュースや浦和系ブログで主審家本の一人舞台だったという情報は入っていたのでそのつもりで観た。
試合としては楽しめた。ショートパスの多 いスピードのある展開で、でもその部分では川崎が一枚上手だったように思う。エリア近くでのスピーディで有機的な連携の連発には肝を冷やした。うまいな あ、と思う。このあたりは日曜のC大阪も同様。とにかくいやになるほど練習しているのだろうな。

後半ロスタイムでの都築に対する都倉のレッドは正当なジャッジだったように思う。それに対する都築のイエローも。その上マルクスが都築に何だコノヤロウというふうにぶつかっていったようにも見えたけど、都築のオーバーなアクションの方が際立ってしまった。
こ れに象徴されるように、シミュレーション、オーバーアクションの多いゲームだった。それをシミュレートだと取るか実際に触っているからファウルと取るかは 微妙なところだけど、この日の(多分いつもそうなんだろうけど)家本主審はその基準がかなり曖昧で、選手たちは苛々しただろう。観ている方としてはアレの プレーに苛々し通しだったのだけど(笑)

モチベーションの強さが空回りしていることもない。していることもないのだけど、コンディション悪すぎ。闘莉王、永井しかり、平川の絶望的に哀しそ うな表情には胸を抉るものがあった。平川みたいに前傾姿勢がしっかりしていればハムストリングを痛めることもないと思うのだけど、うーん、相当に疲労が溜 まっているよう。
こういうシーンを見たら、来季のために天皇杯は早々に敗退してくれないかな .....と思ってしまいます。

でもまあ、勝ち点3ゲット。もう、勝ち続けるしかない。



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kiku999/50015647
この記事へのコメント
たしか、TBS系列で生中継があったはずですが。。。
ご存知かと思いますが、CS(スカパー)では、ほとんど生中継があります。(私はスタジアムに行くのですが、録画目的で契約しています。)

今日も天皇杯に参戦してきます。勝利のために。。。啓太も苦言を呈しているようですが。。。選手は大変だとは思います。

★浦和・鈴木、天皇杯に苦言
http://www.sanspo.com/soccer/top/st200511/st2005110305.html
Posted by 突然、失礼します。 at November 03, 2005 07:53
より設定も扱いも簡単で初心者には使いやすそう
Posted by buy tramadol at April 18, 2006 11:17