November 22, 2005

赤菱ネタ削除の件。

このネタはスルーしようかとも思ったのだけど覚え書き的に書いておくことにする。
redspress携帯版で千羽鶴絡みの「赤菱のイレブ ン」新作が削除され、その旨謝罪の告知が出ていた。あー、やっぱり来たかー、とちょっと複雑な気分だ。クラブ側から何か言われてのことだとしたら、(クラ ブに)度量がないなと思うのだけど、実際のところどうなのだろう。

問題の新作を見たとき、微妙なものもあったけど僕は笑えた。このシリーズはシニカルでどこか醒めた視点が結構好きで、この時期故障者・負傷者が続出するのはどこのクラブでも同じ様なものだけど、そういう状況を痛烈に突いていて上手いな、と思ったものだ。愛情もあるしね。
場合によっては揶揄と取られるかもしれないセンスなのだけど。

僕は田中達也のために鶴を折ることはしなかったけど、もし折っていたとしてもこの作品に接してきっと笑っていたと思う。達也のためにクラブに届けら れたたくさんの折り鶴を、コーチが「あー、残りはウッチーに」とかいうようなノリを、わはははと楽しめたと思う。なにしろ、達也が順調に回復していること を知っているわけだし、実際それだけ故障者が出ていて、はやく復帰してくれないかなと思う気持ちは同じだし。

でも、そうは思わない人もいるわけで。
その一点において、個人のブログ媒体を使うなら何の問題もないだろうけど、オフィシャルな要素のあるサイトでこれはまずかった。ホントに微妙な部分で、配慮が足らなかった云々のコメントが出ても仕方ないネタだったと思う。
あるいはもっと別の視点で、クラブ内部への揶揄ととられたとか。んー、まさかそんな狭いクラブなわけでもあるまいし(笑)



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kiku999/50018198