November 27, 2005

33節、「残っていること自体が残念です」

typepad blogからpingは送信できなくていつもmyblog japanから送信しているのですけどRHBで拾ってもらえるのは半分にも満たない。仕方がないからlivedoor blogでも同じエントリをアップするしかないのがちょっと手間なのですが、仕方ない。
今秋からのエントリに関しては、livedoor blogに載っけているものは基本的にtypepad blogの方にもアップしていますのでよろしくお願いします。



浦和の生中継がないので仕方なくテレビではG大阪vsジェフ千葉を選び、J's Goal の速報を開け放しにして観戦する。が、みんな考えることは同じなのだろう、J's Goal のサーバがメチャクチャ重くてリロードできず、ハナシにならない(笑)
仕方ないのでTVに集中する。もちろんアウェイの千葉が勝ってくれることを祈りつつ、レッズマフラーを首に巻く。

互いの走りとプレスにおいては観ている方も力が入るもののどっちつかずのたらたらした流れが続き、西村氏の微妙な判定も手伝って1-1のまま前半終了かというところでストヤノフのモノ凄いスルーパスが出て、山岸が決める。
後 半立ち上がり早々、15分ほど尽きることなく大阪の波状攻撃。これには呆気にとられました。はね返されてもはね返されても家長、寺田が走りまくり、ことご とく拾いまくり。チェイス&プレスは千葉の方が上だったけど、セカンドボール奪取にかけては千葉以上に走っていた。はね返しまくったストヤノフ、斉藤、櫛 野も凄いんだけど。
後半に限れば文句なしに今節のベストバウトになるだろう。

千葉が這々の体で凌ぎきってG大阪を下したところで、浦和が勝ち、鹿島が分け、C大阪も分けたと知り、絶叫。セレッソが1ポイントだけ抜け出したけど、浦和、まだ残った。千葉まで残った。

とはいえ、西野監督の呆然とした表情には胸塞がれるものがある。
得失点差はあるものの浦和と並んで3位の、オシム監督の言葉が胸にしみ入る。


正直、今日のゲームがどうだったかは、どうでもいい。正直、私の個人的な気持ちでは今日試合には勝ったが、勝つのが遅すぎたと思う。これまでの大事 な試合で勝っていれば今日勝ったことを喜べたかもしれないが。ガンバは今季、常にいいプレーを続けてきていました。そのガンバが上にいくチャンスを潰した という哀しみも今日は感じています。これは笑い事ではない。本当の哀しみだ。
(中略)
Q:勝点ではまだ優勝の可能性が残っていますが。
ぺ−パー上、計算上のことであって、客観的に、具体的にはチャンスはないと思います。ペーパー的に残っていること自体が残念です。そんな奇跡は起きません。


もし千葉が逆転優勝したとしても、今季に限ってはオシムは最後まで辛辣な言葉を吐き続けるのかもしれない。そういう将を持つチームは文句なしに、強いと思う。
それにしても(ペーパー的に)「残っていること自体が残念です」とは.....



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kiku999/50018745
この記事へのコメント
ナチュラルハーベス...」へのトラックバック
Posted by buy tramadol at April 18, 2006 23:16