December 11, 2005

天皇杯、バランス、降格と期待する昇格。

夕方、天皇杯での浦 和の勝ちっぷり(かなりぐだぐだな感じだったけど)を確認してからプールへ。っつうか、どうして若手をスタメンに並べないのか。アシストこそ記録したもの の、アレはぜんっぜん動いていないし、闘莉王はマジでハムストリングの爆弾が不安そうだったし、有機的な連動は皆無といっていいような内容。来季リーグに 何がどう繋がっていくのかひとつも見えやしない。
ギドがいつか今日のFC東京の原のようにサポ達から雪崩れるような握手を求められることはないような気がする。

マリッチの、きれいなトラップからの得意なシュートパターンが決まらなかったのがちょっと悔しい。なんとか契約更新してくんないかな。この人のトラップをみているといろいろとワクワクさせられるのに。

いつもの週末のように泳いで、淡々と走る。バランスボールで背筋をいじめていると恥ずかしいくらいに文字通りぼたぼたぼたーッと汗が流れ落ちる。明らかにバランスが悪い。カイロに通ってみたいのだけど、お金かかるしなあ。
首と背中の、もう持病と言ってもいいようないやらしい痛みにキレそうになる。いっそのこと自分でバキッと頸骨を折ってしまいたい。

帰宅してからバレーがダブルハットトリックをキメて甲府が昇格したことを知る。柏、とんでもないことをしたらしい。諦めてしまえば楽になれる、とい うことを知っているプレーヤーががいることの、サポにとっての悲劇。柏はしばらく浮かばれないかもしれない。ヴェルディとレイソルといい、ラモスはしばら く眠れない日が続くかもしれない。

来季は神戸と札幌の返り咲きに期待したい。



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kiku999/50020139