September 23, 2004

第7節、FC東京vs浦和レッズ。

ブッフバルトが一時帰国する際、山瀬離脱後のシステムについてはエンゲルスときっちり詰められていたはずだけど、どうもちぐはぐだった今日のFC東京戦。前半30分くらいまでは決定機を何度か作れていて、特に山田が自分で持ち込んでの左脚ミドルは本当に惜しかった。あれは相手DFを賞賛すべきなんだろうけど。
その後ペースは目に見えてFC東京に移り、ああ、これは負けるなと肌で感じてしまうような展開で、とにかくパスが正確につながらない、ロングフィードは全然届かない、覇気も感じられない、どこか浮ついた印象の残る今日の浦和でした。

個人プレーについていえばエメルソンにいつものキレとスピードがなく、永井はたぶん今日の彼が本当の彼なのでしょう、2ndステージ入ってからの大胆かつスピードに乗ったドリブルは消え失せメンタル面の幼さを見せつけ、アレックスはセットプレーこそ期待させるピンポイントのキックを見せますがそれを結果に繋げる連携は期待できず、ドリブルは無謀な持ち込みばかり。後半途中から入った田中達也もほとんど仕事をせず、焦りばかりが目立っていました。

あるいは長谷部をもっと上に上げてその下に酒井を置き、最初から達也とエメの2トップで行っていたら、と考えるのは詮無いこと。ブッフバルトの課題がひとつ増えましたが、エンゲルスにとっても意味のある敗戦だったかと思います。
原監督の掌にいいように収まってしまった今日の浦和でしたが、逆に選手たちが学んで次に生かせることも多かったはず。
果たして?

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kiku999/7147962