October 20, 2004

第9節、浦和vs横浜。

好ゲーム。闘莉王vs中澤の図式がこのゲームを象徴していました。
浦和は右のスピードがもう手が付けられないほどで、止めるにはファウルしかなかったようです。そのイミでは横浜の河合、敵ながらあっぱれ、という活躍でした。イエローをもらわない程度にファウルでエメルソンを止め、そこからのセットプレーでは中澤と闘莉王とガチンコ勝負で、中澤に軍配。ネネの惜しいヘディングもありましたが。癖を読まれていた、という感じでした。エメや田中達也のドリブルを含めて。カウンターがなかなか機能しませんでした。ちょっと単調でしたね。
長谷部の復帰は心強いですが、こういう拮抗したゲームになると、山瀬の展開力がないというのはつくづく痛いと感じます。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kiku999/8308913