October 23, 2004

第10節、鹿島vs浦和。

フットボール日和。
今日はリアルタイムで浦和のゲームがテレビで観れたはずなのに、仕事。仕方がないのでウチの相方にビデオ録画を頼み、携帯メールにて中継してもらいました。会社のテレビで観ることもできたけど社長がゴルフを観ていたもので(笑)
窓の外はそれこそ抜けるような青空で、せつなかった。

で、例によってビデオ観戦。ケータイ中継でも感じていたのですけど、マリノス戦以上に拮抗したエキサイティングなゲームでした。両者共に得点したという点において。先制点は、アレックスのフェイントの入ったパスから更に永井のフェイント気味のスルーパスを田中達也がきっちりと。もう、文句のつけようもない連携と達也の飛び出し、ゴールへの嗅覚。これは2点目、アレのシュートのはね返りへの反応にもいえること。これほど前への意識が強く、きっちり結果を出せるFWが他にJにいるだろうかと考えてしまうほど際立つゴールへの意識。
永井のスルーもびっくりしました。60mのドリブルシュートより、こういうパスのほうがどれほどフットボールを堪能できることか。ヘタに天を仰ぐ癖がなくなったのはいいんだけど、あのヘラヘラ笑いはなんでしょう? それさえなければ誰からも一目置かれるプレーヤーになれるのだろうに、惜しいなあと思います(笑)
後半40分前、エメルソンが自らインターセプトしたボールを持ち込んでどフリーになったときはもうこれでキメたと思ったのですがラストタッチで失敗。そのあとすぐ、長谷部のドリブル独走からのパスをフリーで受けて今度はそのままキーパーの位置を確認して、ミドル、文句なし。

市原も勝って、2位との差は変わらず。横浜も残りましたね。明日日曜のゲームで新潟、G大阪が横浜に並ぶのか、あるいは市原を得失点差で再び抜くのか。
浦和としては13節名古屋戦、最後までもつれ込んだら最終節の広島戦がちょっと怖いでしょうが、この4チームとはもう対戦が済んでいますから精神的には少しは楽か。新潟は明日磐田戦、あとFC東京、G大阪、横浜との対決が残っているからかなりプレッシャーあることでしょう。G大阪は市原、新潟、横浜、磐田、FC東京と、ごっそり。市原も同じような対組で。
あんがい、すんなりと決めてしまうかも知れませんね、浦和。

ps. 新潟、大変ですね。直下型ということなので、その怖さは異様でしょう。もしアルビレックス新潟の対磐田戦がこの時ホームであったら、とか思うとぞっとします。台風とか地震とか今年はちょっと異常なくらい被害が増えていますが、Jリーグにはめげずに盛り上げていってほしいですね。阪神大震災のときプロ野球のオリックスブルーウェイブが神戸を盛り上げたように。サッカーにはその力が野球どころじゃなく、あるのだから。とくに今回、アルビレックス新潟には。それより逆に、市民のほうが発憤するかも知れませんね、新潟の場合(笑)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kiku999/8423097
この記事へのトラックバック
レッズ 3-2 アントラーズ(NHK総合にて観戦) 久々に、今季仕様(笑)の「3
vs.アントラーズ【中空庭園】at January 14, 2005 00:18
この記事へのコメント
http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=sports&d=20041023&a=20041023-00020500-jij-spo

試合中すぐにカードが出なかった事にもビックリしましたが、
やっぱりチェック入ってたんですねー。
でも、昨日はラフプレイ多かったから、どっちもどっちな気もする。
鈴木が転がるのはいつもの事だし。<代表戦含む
Posted by kkk at October 24, 2004 12:52
前節の、試合の流れをずたずたに断ち切るかのような審判よりは
なんぼマシだったかとは思います。
Posted by kiku at October 24, 2004 19:26
社長はやっぱりゴルフですか(笑)
「サッカー観せろや、コラ!」とは言えないですね。
Posted by monkey@独り言blog at October 24, 2004 22:10