October 30, 2004

日本人青年殺害を確認。修正追加。

アルカイダ組織に拉致されていた日本人青年の殺害が米軍によって発見され、確認されたそうです。
この春の高遠氏をはじめとする3人組と2人のグループが拉致された事件やジャーナリストの橋田信介氏がバグダッド近郊で殺害された事件より、衝撃的です。メディアの扱いがここまでないがしろだという点において。小泉首相もインタビューされるたびに「テロには屈しない。自衛隊撤退はない」とそれだけでマイクからさっと去っていくというものばかりでしたし、その顔には「よりによって新潟がこんなに大変なときに.....どうしてこんな大馬鹿者のために動かなきゃならないんだッ」という憤怒がありありと表れていましたね。春の拉致においても一度さえ「自己責任」に対して自ら発言しない若者たちの馬鹿さ加減には呆れて果てていたのでしょうね、ここまでくると、「この恥さらしが....」とか思っているのではないのでしょうか。
とにかくバグダッドに向かった動機が幼稚なのでご両親としては何ら強いことを言えず耐えるばかりでしょう。「なんでこんな事に税金使わなければならないんだ」とか中傷の電話、メールが相次いでいたということですが、お気の毒としかいえないですね、こういう結果になったら。
海外メディアから今回の日本(人)の対応について「冷たい」と批判が相次いでいたらしいですが、その構図に対しては、もう仕方ないんじゃない?としか返せないですね。
ただこれからの政府の動向と世論については気になります。

と、今朝書いたところがこのていたらく。
メディアのフライングだったのか、あるいは?
日本政府はどういうスペシャリストを送り込んでいるのでしょう? また、今回のことについて自衛隊の動きがまったく報道されていないように思うのですけど、私の見過ごしなのでしょうか....
小泉、運が強いというかなんというか。
ご両親の心労がしのばれます。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kiku999/8662421