November 21, 2004

おめでとう、ウラワ!

前半こそ山田と入れ替わるように長谷部の前への攻め上がりが効いていたし、サイドから内への永井の切れ込みもドキドキさせるものがありましたが、後半はさっぱり。攻撃のイマジネーションは枯渇したかのようでエメルソンのドリブルによる攻め上がりが影をひそめたし、闘莉王は凡ミスを重ねるし、田中達也はもう殆ど前線に顔出さないし、中盤でのビルドアップが面白いほどになされなかったし、ネネは決めきれないし。まあ、ネネは仕様がないですかね、もともとキレを期待できるプレイヤーではありませんし。でも彼に決めて欲しかったな。
それだけ名古屋のプレスが完璧だったということもあるのですが、セカンドステージの東京FC戦で見事に完封されてから何ら対策を練っていないような気がしてなりません。
こんな試合を優勝争いのただなかでやってくれたらそれこそサポーターには許してもらえないでしょうね。闘莉王は土下座して謝ったかもしれない... それくらいひどかった。

でもなにはともあれ、よかったよかった。
山田が言っていたように、素直に喜びましょう。
浦和の街でのあの爆発ぶりの中にいたかったなー。
オメデトウ!

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kiku999/9608993
この記事へのトラックバック
 勝って降格。負けて優勝。いかにも浦和。いかにもレッズな結末だ。  試合終了後も
【浦和御殿〓ココログ版】at November 21, 2004 19:54
レッズ 1-2 グランパス スタジアムに到着すると、イスの上に紙吹雪用の新聞紙
vs.グランパス、そして優勝【中空庭園】at November 21, 2004 23:40